MENU

盗聴・盗撮の調査について

情報の先取りが、企業存続の明暗を左右する現代において、その企業情報は財産と言えます。
しかしながら今現在、その企業情報が大量に流出し、多大な被害を被る企業が後を絶ちません。
盗聴・盗撮対策をまだ何もされていない企業様には、ぜひリスク管理の一環として盗聴・盗撮調査を行うことをご提案いたします。

企業損失

企業における盗聴は、産業スパイなどのいわゆるプロといわれるものだけが行う行為から、一般人(社員・顧客含む)へとシフトしています。
それにより、その目的も新製品などの開発情報、取引情報と言った重要情報に留まらず、人事・リストラ情報や言動のチェックなど多岐に渡っています。希望退職者や遅刻・欠勤をするものが多くなっている時も要注意です。
また、直接的な被害だけでなく、施設を利用しているお客様を狙った盗撮行為などにより、結果企業イメージを損なうなどの被害に逢われてしまうことも少なくありませaん。

情報漏洩のパターンについて

近年、大規模なリストラによる終身雇用の崩壊、さらには人件費抑制により派遣社員・アルバイトの増加に伴い、企業への忠誠心が薄れ、機密情報が外部に漏洩しやすい環境となっております。
とくに日本に措いてはスパイに関する法律が整備されていない関係もあり、スパイ天国と言われている有様です。
外国企業やライバル会社に産業機密を売り渡す輩から企業を守るためにも、当社定期調査をぜひ検討ください。

1競業会社の産業スパイ

これは、遠い昔から直接人を利用して行われてきました。
とくに戦後から情報戦争時代といわれ、盗聴器や盗撮カメラを使用したスパイ合戦は、映画などでも承知のとおりです。

現在では、一般にほとんどありませんが、電磁波盗聴やレーザー盗聴といったハイテクを利用したものまで出現しています。とくに企業で気を付ける必要があるのはFAX盗聴で、電話盗聴と同じ要領で簡単にFAXの内容を盗めます。

2インサイダーと内部者漏洩

近年、通信情報に対するセキュリティーにはかなり意識は高まっていますが、盗聴・盗撮対策はというと非常にお粗末です。
ハッキングと盗聴どちらかが簡単か、これはみなさんお分かりでしょう。
にもかかわらず何の対策も施していない企業がいまだ多いのも事実です。
また、愛社精神などの薄れや社内のコミュニケーション不足からか、簡単に自分の社会機密に関わる情報を漏洩する傾向にあります。
そのため、物理セキュリティーと言われる、いわゆる「ヒューマンエラー」 に対しての教育が急務になっています。

調査場所の具体例

盗聴や盗撮の行為を受けているかどうかは、盗聴器や盗撮カメラが発見されない限り、「もしかして…」と気づいた時には、手遅れで秘密やプライバシーが表面化した時に初めて気づくことになります。
ほとんどの人は、盗聴や盗撮の行為を受けているかどうか気づきません。
普段から盗聴器や盗撮カメラの存在を意識し誰でも自由に買え、簡単に取り付けられることが分かっていれば、慌てず常に注意するようになるでしょう。

| 役員室  | 会議室  | 社用車  | トイレ  | 更衣室  | 研究室・開発室  |

役員室

役員室は他の社員の出入りが比較的少ない場所のため、机の下や引き出しの中や電話回線上に盗聴器を仕掛けても見つかりにくい場合があります。
電池式のものについては電池寿命が切れてしまえばその脅威はなくなりますが、三叉コンセントなどに偽装したコンセント型盗聴器などを仕掛けられてしまうと、部屋に出入りする人が少ないためなかなか気付かれず、いつまでも盗聴され続けてしまうことも少なくありません。

過去にあった事例

・ライバル役員のスキャンダルを求め、他の役員が役員室等に盗聴器を仕掛けた。
・上司の動向を探るために直属の部下が、社内電話等に盗聴器を仕掛けた。

会議室

不特定多数の人が出入りするため仕掛けやすい場所が会議室です。
ここでは電池式の盗聴器が使われることが多いようですが、会議に使うプロジェクターやノートパソコンの電源を取るコンセントが偽装型盗聴器にすりかえられてしまうこともありえます。

過去にあった事例

・ 社員が、コンセント偽造型盗聴器を仕掛けた。
・ 何者かが、電池式盗聴器を机の下に貼り付け仕掛けた。
・ 壁掛け時計にピンホール型の小型カメラが、隠されていた。

社用車

密閉された空間である社用車内は秘密の会話にはもってこい。
そのため、盗聴器が仕掛けられる危険性も出てきます。
また、携帯電話やPHSを使って位置情報を探るケースもあります。

過去にあった事例

・ PHSの位置情報確認サービスを使って現在位置を割り出された。
・ 運転席裏の小物入れに盗聴器が隠されていた。

トイレ

ターゲットはほとんどが女子トイレ。それもほとんどが小型カメラによる卑劣な盗撮行為です。
外部の人間が仕掛けたりするだけではなく、社員が犯行に及ぶケースも多い場所です。

過去にあった事例

・ 役員が職員用の女子トイレのウォシュレットと便器の隙間に小型カメラを仕掛け、自室のモニターで眺めていた。
・ 汚物入れに無線型カメラが仕掛けられていた。

更衣室

更衣室は盗撮だけでなく盗聴も行われることがあります。
これは、更衣室で同僚同士が上司には言えないような事柄を言い交わしていることがあるからです。
盗撮の場合はほとんどが女子更衣室。制服を採用している企業はターゲットになりがちなので要注意。

過去にあった事例

・ 人事部長が、社内の動向を知るために盗聴器を仕掛けた。
・ 同僚に嫌がらせするため、小型カメラで着替えを撮影し、その映像をマニアに販売した。

研究室・開発室

会社の明日の命運を握る研究室・開発室はそれだけターゲットとして狙われる場所。
産業スパイだけでなく社員が企業機密を盗み出そうとすることもありえます。
また、そこで働く社員を監視する意味で仕掛けたりするケースもあります。

過去にあった事例

・ 棚に隠しカメラが仕掛けられていて、研究風景を盗撮されていた。
・ 電話に盗聴器が仕掛けられていて、社外との会話を監視されていた。

調査時期の目安

近年、情報漏洩に関して厳しく規制をかけていますが、やはりどこかしら手落ちになりがちです。
今回、一番狙われやすい時期についてまとめました。一部ですが調査依頼などのご参考にしてください。

人事異動の時期

人の移動が利権に大きく係わってくることがあるため取引先やライバル企業がいち早くその情報をつかもうとすることがあるほか、最近ではヘッドハンティングなどを行う企業がターゲットとなる人物の動向をチェックする目的で盗聴することもあるようです。
内容によっては社の命運がかかる場合もある機密事項の一つといえる人事に関連する事柄だけに、情報の漏洩防止には細心の注意が必要です。

株主総会など重要行事の前

一番問題になってくるのはいわゆる総会屋が株主総会を優位に進めようとして、あるいM&A(Merger and Acquisition)を考えている他企業がその会社の実情を探るべく盗聴器を仕掛けたりするケースが考えられます。

役員会議の前

企業の中枢ともいえる役員会議は、盗聴のターゲットに最もなりやすいものといえます。
盗聴器だけでなく、長時間録音が可能なICレコーダーを会議室に仕掛けられてしまうこともあります。

年間契約について

全国の情報漏洩管理士が巡回します。(写真付き身分証明書携帯)
全国の施設に対応します。 [ 県庁所在地より半径50km以内(離島を除く) ]

315,000円の場合(年額・消費税込)の場合
年24回調査(※1)電話回線調査含む + 車両調査年3回
1回につき100㎡まで
月当たり26,250円

※1 : 電話保守業者(別途費用 )が必要となります。

630,000円の場合(年額・消費税込)の場合
年24回調査(※1)電話回線調査含む + 車両調査年3回
1回につき300㎡まで
月当たり52,500円

※1 : 電話保守業者(別途費用 )が必要となります。